仏壇の鐘(りん)の役割と意味,鈴,梵音具,禅宗,使い方について

仏壇の鐘(りん)の役割と意味

スポンサードリンク

仏壇には、りんが付属していることが多いでしょう。
漢字では鐘と書く事もあれば、鈴と書く事もあります。
そんな鐘はどんな役目があるのでしょうか。

 

鐘は、お経を読んでいるときにならす梵音具の一種であり禅宗で使われていましたが現在では全ての宗派でつかわれています。
形はいろいろありますが、鉢状になっているものが多いでしょう。
また、宗派によっては鐘を置く台に指定がある場合もあります。

 

鐘を購入する時は実際に仏壇屋に行って大きさやデザインを見てから購入をしましょう。
衝撃を和らげるための鐘布団を同時に購入する人も多いでしょう。

 

御仏壇用に購入する場合は、7センチから15センチのものが主流となっています。
伝統的な鐘は黒や漆が施されており深い色合いとなっています。
しかし寺院で使用する鐘は自宅用よりも大きく18センチ以上のものがほとんどとなっています。

 

鐘は、毎日使うようにしましょう。
基本的には、独協の開始と終わりの合図でありごっきょ宇宙も調子を取るように叩く場合があります。

 

宗派によっての鐘の違いは、たとえば浄土真宗の場合は鐘を鐘布団に置いて鐘台に固定して使います。
鐘台は六角形もしくは丸型のものを使用しています。

 

真宗大谷の場合は、金襴輪の上に置いて台に固定します。
鐘台は四角形になっていて鐘布団の変わりに使いましょう。

 

その他の宗派では、鐘について特に指定はありません。
そのため仏壇屋に行き自分の自宅や仏壇に合うものを探してみては如何でしょうか。

 

鐘は、大きさやメーカーによって音の美しさが違います。
そのため購入をする時は、外観や大きさだけではなく音を鳴らして聞いてから購入をすると良いでしょう。
軽くたたくだけでも響きの違いがわかります。

スポンサードリンク