仏壇を床の間、和室,居間,半床仏間,地袋付仏間に置く事について

仏壇を床の間に置く事について

スポンサードリンク

仏壇を置く場所に悩む家庭が増えているみたいですね。
昔であれば部屋数も多かったので和室に仏壇を、と言う家庭も多かったそうです。
床の間に仏壇を置くのは良いのでしょうか。

 

仏壇は、基本的には置いていけない場所は有りません。
確かに迷信や風水的に良くないと言われている場所は有ります。
しかし、ここに置かなければいけない、置いてはいけないと言う決まりは実はありません。

 

仏壇にとって一番大切な事は、毎日お参りをする事です。
その為、毎日人が出入りするであろう床の間は仏壇にとってとても良い場所なのでは無いでしょうか。

 

実際に仏壇を置く場所として多いのが仏間の他に床の間や居間が多いと言われています。

 

床の間が何故良いのかと言うと、安置出来る場所だからです。
家の中の最高な場所であり安らげる場所なので、床の間に仏壇を置く事はとても良い事でしょう。

 

日本人が最も崇拝するであろう神様を飾っているのが仏壇です。
その為仏壇を床の間に置く事はオススメします。

 

また、仏壇を置く場合はある程度の改造が必要となってくるでしょう。
半床仏間や地袋付仏間等、仏間には様々な物が有るのです。
床の間の大きさや種類によってどの様に配置できるか、どのようなご安置をする事が出来るか変わってくるので仏壇を購入したお店に相談をしてみて下さい。

 

また、仏壇のむきに関しても特に制限はありません。
向きに関しても北向きが駄目等様々な意見はありますが、間取りを見て設置しやすい場所を選んだ方が良いでしょう。

 

自宅によっては、クローゼットや押入れを改築して仏壇を置くスペースを設ける場合も多いでしょう。
床の間でしたら収納スペースが有る場合も多いので、一部を改造して仏壇を置いてみても良いかも知れません。

スポンサードリンク