神道の仏壇の選び方、祀り方、飾り方について

神道の仏壇と飾り方

スポンサードリンク

 

 

神道は仏教とは違います。
仏壇は飾りませんが、仏教で言う仏壇に当たる物を飾る事があります。
どの様に飾るのでしょうか。

 

 

神道で飾るものは祖霊舎と言う物です。
白木で作った箱の形をしたものであり、御霊舎・霊棚や神道壇、霊床などと呼ばれる事もあるでしょう。
神棚よりも低い位置に祭る物であり、方角やお供え方法等も決められています。

 

 

 

仏壇の様なものではありますが、
家の守護神として祖先の霊をまつる物が祖霊舎と言われているのです。

 

仏壇で言う位牌の様な物も、祖霊舎には有ります。
祖霊舎の位牌は神璽と呼ばれており、祖霊舎に飾られています。

 

神璽以外にも神具を飾る事が有ります。
水を備えるために必要な水器であったり、お酒を入れる為の瓶子、
食べ物を入れるための三方等が有るのです。

 

これらを飾るうえでもさまざまなルールが有るのです。

 

スポンサードリンク