家の中での仏壇の置き場所、東,西,南,北について

家の中での仏壇の置き場所について

スポンサードリンク

仏壇の置き場所は特に決まっていません。
仏壇を置くスペースが確保できる場所であれば特に問題はないでしょう。
しかし、もちろん置いた方が良い場所はあります。

 

基本的に、仏壇は仏間に置くことが基本だといわれています。
しかし最近は仏間のない家庭も多いでしょう。
部分的に改造をして仏間を設ける家庭もありますが、もちろん仏間におかなければいけないという決まりはありません。

 

また、南向きに仏壇を置いてはいけないといわれています。
なぜなら南向きは直射日光が当たり易く、仏壇が傷みやすいからでしょう。
これと同じく、湿気の多い場所はおすすめすることが出来ません。

 

仏壇は、繊細な漆塗りのものがほとんどです。
そのため、直射日光と高温多湿を避ける様にして下さい。

 

これらのことを考えると、仏壇は北向きが適しています。
北向きでなければいけない、という諸説もありますし、仏間を作ると北向きに置かれていることが多いのではないでしょうか。

 

また、仏壇に参る人の方向が本山に向かうと良いといわれています。
本山は東向きに位置していることが多いので、東向きも良いでしょう。
東は極楽浄土の方向でもあるのでオススメです。

 

また、仏壇は出来るだけたくさんの人が来る場所に起きましょう。
仏壇は毎日参ると良いといわれています。
そのため、仏間がない場合はリビングや寝室に置いても良いのではないでしょうか。

 

特にリビングに仏壇をおくことはおすすめです。
最近は、仏間が無い家庭の為にリビングにおきやすい仏壇もどんどん増えてきています。

 

高さがあり、立ったままお参りをすることが出来ますし、椅子が付いているタイプのものもあるでしょう。
この様に、仏壇のデザインも考えながら、置き場所を考えてみましょう。

スポンサードリンク