日蓮宗の仏壇と飾り方と祀り方,並べ方について

日蓮宗の仏壇と飾り方

スポンサードリンク

日蓮宗の仏壇の飾り方についてご紹介いたします。
仏壇の飾り方は宗派によって違いが有りますが、日蓮宗は他とどんな違いが有るのでしょうか。
間違えないように飾りを行いましょう。

 

日蓮宗の本尊様は釈迦牟尼仏となっています。
中央には大曼陀荼羅もしくは三宝尊を、その前には宗祖日蓮聖人像を祀るようにして下さい。

 

脇侍とは、本尊様の両脇に祀る御影像の事を言います。。
関西と関東では飾る場所に違いがあります。
関西の場合は右に鬼子母神、左に大黒天となっていますが、
関東の場合は関西と逆で右に大黒天、左に鬼子母神となっています。

 

吊灯籠や瓔珞は他の宗派と余り変わりが有りません。
本尊様を照らす為に必要な吊灯籠を一対つるし、
瓔珞は宮殿の装身具となっていますが使われない場合もあります。

 

仏器、茶湯器も普段は一つ、特別な時のみ3つまでと言う点も変わりはないでしょう。

 

他に、お菓子や果物をお供えする為の高坏やろうそく立てとして使う燭台、
花を置くための花瓶、お香をたくための玉香炉等があります。
お香を入れるために香盒も置きましょう。

 

スポンサードリンク