曹洞宗の仏壇と飾り方と選び方、祀り方,本尊,釈迦牟尼仏,お仏餉について

曹洞宗の仏壇と飾り方

スポンサードリンク

曹洞宗はどの様な仏壇の飾り方をするのでしょうか。
分かり易く、曹洞宗の仏壇の飾り方をまとめてみました。

 

仏壇に欠かせないのが本尊様です。
本尊様は宗派によって違いますが、曹洞宗の本尊様は釈迦牟尼仏のお釈迦様です。
名前を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

 

お釈迦様は、どのように生きれば良いのかを示してくれる神様となっています。
そんなお釈迦様をまつるのが、曹洞宗の仏壇なのです。

 

基本的に、曹洞宗の本尊様はお釈迦様のみで大丈夫です。
しかし道元禅師さまや瑩山禅師さまのお絵像を飾る場合もあります。
お釈迦様がいない場合は中央にかけ、お釈迦様を祭っている場合は後ろに欠けましょう。

 

曹洞宗の仏壇の中心は、あくまでお釈迦様なのです。
それを理解しながら飾るようにしましょう。
上段から徐々に、お釈迦様の像や木彫り等を飾っていきます。

 

位牌は、上段の左右に起きましょう。
お釈迦様の右側には古いお位牌を、左側には新しいお位牌を置くようにして下さい。
もし、御位牌の数が多くお釈迦様の隣に置き難くなってしまった場合は、繰出し位牌や合同位牌にしましょう。
先祖代々として位牌をまとめる事も出来ます。

 

上段はお釈迦様や位牌を置きますが、中段にはお供え物を置く事となっています。
基本的には5つのお供えを行う事となっており、線香やお香、お花、水、灯明、そして飲食となります。
飲食は御霊前を置く場合もあれば、果物やお菓子、生前に故人が好きだったものを置くようにしましょう。

 

お水やお湯をお供えする時には、茶湯器を使って下さい。
これは中段中央に配置する物であり、複数の茶湯器が有る場合は真ん中がお仏餉となります。
お菓子や果物を高杯に盛り付けその左右に茶湯器を置く場合もあります。

スポンサードリンク