真言宗の仏壇と飾り方、選び方、祀り方と大日如来,弘法大師,不動明王について

真言宗の仏壇と飾り方

スポンサードリンク

宗派によって仏壇の飾り方はさまざまです。
それでは、真言宗はどんな飾り方をしているのでしょうか。
詳しく説明をします。

 

まず、宗派によって御本尊は違います。
真言宗の場合は大日如来を飾る事となっています。
大日如来の左右には脇侍として、弘法大師と不動明王の御影像が飾られているでしょう。

 

御本尊様を照らす為に必要な吊灯籠は両側一対につるしましょう。
瓔珞も飾りますが、省略される事も多いでしょう。

 

仏器、茶湯器はそれぞれご飯やお茶、水、お湯等をお供えする為の器です。
普段飾るときは一つだけで良いですが、しっかりとした場は3つまで飾る事が出来ます。
打敷はお正月やお盆を始め、お彼岸や年忌法要等重要な時のみに飾る物です。

 

高坏は左右に配置してお菓子や果物を備える為の道具です。
足の高いお皿となっています。

 

五具足とは、燭台や花瓶、香炉の事を言います。
それぞれ一対ずつとなっているのできちんと飾りましょう。
この他に香盒というお香を入れるための物もあります。

 

仏壇にはお位牌も飾る事になります。
御位牌には、戒名、死亡年月日等を記載し仏壇にまつりましょう。
四十九日までは白木の位牌を、それ以降は本位牌として違う位牌を飾る事となります。

 

五十回忌を過ぎると、祖霊に合祀する事が多いでしょう。
本位牌を新しくまつる場合はお寺の方に魂入れをお願いして貰って下さい。

 

霊前とは、仏壇の前に置き仏さまやご先祖様にお供えをする精進料理の事を言います。
霊前は地域によって配置に差があるので、自分の地域の霊前をしっかりと把握しておきましょう。
実際に食べるものではありませんが、生きている人が食べる物と同じ様に丁寧に作る事が大切なのです。

 

他にも、真言宗の仏壇の飾り方は様々な決まりが有ります。
事前にしっかりと調べてから飾りましょう。

スポンサードリンク