浄土真宗の仏壇と飾り方と選び方祀り方,位牌,過去帳について

浄土真宗の仏壇と飾り方

スポンサードリンク

浄土真宗はさまざまな宗派のなかでも特に人数が多いと言われている宗派です。
そんな浄土真宗の仏壇の飾り方はどのようになっているのでしょうか。
意外に他の宗派との違いが大きいものとなっています。

 

浄土真宗の仏壇は位牌がいりません。
この点は仏壇の違いの中で特に大きい部分なのでは無いでしょうか。
変わりに浄土真宗では過去帳を使っています。

 

過去帳の他にも法名軸を使って戒名や没年月日等を質しています。
これは過去帳見台にのせて本尊の一段下の段に置くようになっています。
位牌と同じ位置に置き位牌と同じ様な事柄を書いているので、本当に位牌と同じ役割をしているのでしょう。

 

法名軸は掛け軸形となっているので本尊の一段下に置く事はありません。
仏壇内部、左右側面にかけてみる事が出来る物となっています。

 

また、仏具にも違いが有ります。
例えば茶湯器、御料具膳、常花、吊灯篭などは使いません。
変わりに華瓶や御華束を使うようになっていす。

 

そして三角形をした打敷を使う等独特の飾り方になっている物が多いのです。
香炉も青磁の土香炉を使っていますし、花立等も色が付いた物が使われています。
吊灯篭は本尊様を照らす目的は変わりませんが、足が丸く猫足の様になったものを使っています。

 

この様に、浄土真宗は他の宗派と違う部分がとても多い宗派なのです。
自分自身で仏壇を飾る事は余り無いかもしれません。
しかしもし自宅の宗派が浄土真宗の場合は、しっかりと把握したうえで仏壇の飾りを考えなければいけないかも知れませんね。

 

わからない場合は詳しい方や仏具店、お寺の方等に聞いてみましょう。
もしかしたら、浄土真宗では使わないものを飾ってしまう可能性もあるのです。
事前にきちんと聞いていれば、間違えずに仏壇を飾る事が出来ます。

スポンサードリンク