浄土宗の仏壇と飾り方、選び方、祀り方と仏教,脇侍,御本尊,高祖善導大師について

浄土宗の仏壇と飾り方/やさしい解説

スポンサードリンク

宗派によって仏壇は飾り方が違う物です。
浄土宗は仏教の中でも有名な宗派ですよね。
そんな浄土宗はどんな仏壇の飾り方をするのでしょうか。

 

まず、浄土宗の御本尊は阿弥陀如来となっています。
御本尊は宗派によってさまざまな種類が有るのです。

 

脇侍は御本尊の左側に高祖善導大師が置かれています。
左側には元祖円光大師を置くのが浄土宗の飾り方なのです。

 

吊灯篭は両側に一対つるす事となっています。
これは、御本尊様の姿を綺麗に照らす為に必要なものです。

 

瓔珞は、装身具のことをいいます。
飾る場合もありますが省略する場合もあるでしょう。
ひじや腕、足等を飾る為にある装飾品です。

 

仏器は浅野おつとめの後におそなえをする器の事を言います。
朝に飾ったら正午には片付けるようにしましょう。
普段は一つ、しっかりとお参りをする時は3つまでお供えをして下さい。

 

茶湯器とは、お湯やお水、お茶等をお供えする為に必要なものです。
こちらも普段は一つとなっていますが丁寧に祭るときは3つまでお供えをする事もあります。

 

前卓にかける装飾用の織物を打敷と言います。
これはお正月やお盆等、少し特別な時のみ飾る様の物なのです。
燭台、花瓶、香炉は三具足と呼ばれています。
燭台と花瓶は一体ずつとなっています。

 

燭台とは、ろうそくを立てる物の事を言います。
正式には一対用意する事となっています。
花瓶は生花もしくは金蓮華を飾りましょう。

 

御位牌も仏壇には必要なものですよね。
亡くなった方の戒名や脂肪年月日を記しています。
仏壇の中でも個人を表すシンボルみたいなものなのでしっかりと飾るようにしましょう。

 

浄土宗では過去帳を記載している物もあります。
これは亡くなった方の戒名や死亡年月日等が記載されている物なのです。

スポンサードリンク