創価学会の仏壇と飾り方,選び方,掛け軸,教本について

創価学会の仏壇と飾り方について

スポンサードリンク

創価学会に加入している人は、創価学会の仏壇を購入する必要があります。

 

しかし、一般的に販売している仏壇とは違う部分も多いでしょう。
創価学会の仏壇はどう飾れば良いのでしょうか。

 

仏壇は、一般的には亡くなったの位牌を飾る物です。
しかし、創価学会の仏壇は亡くなった人がいなくても飾る必要があります。
創価学会に加入している人が飾る物なのです。

 

そのため、仏壇の中心には掛け軸を飾ります。
本来であれば本尊様を飾る場所には創価学会の掛け軸を飾りましょう。

 

また、両脇には特に何も飾りません。
守り神や仏壇を飾っている仏壇が普通ですが、創価学会はそういったものはありません。
そういった点も注意をしながら飾りましょう。

 

仏壇に飾る道具は、しきみを飾ります。
普通の仏壇には仏華を飾る事が多いですが、創価学会の仏壇にはしきみという葉を飾りましょう。
プラスチック製の葉も販売しているので、探してみては如何でしょうか。

 

仏壇を購入する場合は、普通のお店よりも創価学会の仏壇を販売している所から購入をした方が良いでしょう。
一般的な仏壇店と同じくらい豊富な品ぞろえとなっているため、自分好みのものを選べるでしょう。
伝統的な仏壇からおしゃれな家具調の仏壇、コンパクトサイズの上置き仏壇や仏壇台までいろいろと揃っています。

 

価格も10万円以下の小さなものから数十万円する高価なものまでたくさんあります。
自分の予算にあったものを選べる点も良いでしょう。

 

仏壇店では、仏壇だけではなく念珠や教本も購入することが出来ます。
カラフルな念珠や高級念珠、念珠ケースや教本もさまざまな種類が揃っています。

 

教本は、いろいろな大きさのノートタイプのものからアコーディオンタイプまでカラーバリエーションも豊富にそろっています。
創価学会に加入したら、しっかりと仏壇と周辺の道具をそろえて置きましょう。

スポンサードリンク