失敗しない仏壇の処分方法,粗大ゴミ,仏具店,精入れ,精抜きについて

仏壇の処分方法について

スポンサードリンク

家にある仏壇。
もし処分しなくてはならなくなったら・・・・。
そのまま粗大ゴミへなんてとてもできないし・・・。
ではどうしたらよいでしょうか。

 

まずは、仏壇仏具店に相談してみましょう。
仏壇仏具店は、昔から仏壇の処分について取り扱っていますから、
相談すれば、いろいろわかってくると思います。
最初は、申し込みではなく単なる相談で良いと思います。

 

次に、お寺の僧侶に相談してみるのもよいですね。
その場合、僧侶が来て読経し、仏具・位牌・本尊などを新しく移し替え、
古い仏壇は回収して焚き上げでくれるでしょう。

 

宗派によってその方法に違いはあると思いますが、回収まで行ってくれます。

 

また、一般の粗大ゴミとして処分することも可能です。
何も気にしない方であれば、それが一番楽ですね。

 

では、正しい処分の方法について簡単にご紹介します。
まずは、処分する仏壇の魂をお寺の僧侶に抜いてもらいます、精抜きですね。
そのあと、新しい仏壇に対して同じくお寺の僧侶に精を入れてもらいます。

 

精入れですね。
これが済んだら、古い仏壇は、仏壇屋に持って行って処分して構いません。
なお、精抜きや精入れの方法は、宗派によって違いがありますので、
その点は注意しておきましょう。

 

この精抜き、精入れは、気にしない方であれば省略してもかまいませんが、
せっかく長いあいだ一緒に生活してきた仏壇なので、
儀式に従って、丁寧に処分したほうが気持ち的にも良いでしょう。

 

なお、仏壇を処分するのにも、やはりそれなりのお金がかかります。
値段は、仏壇の大きさや地域、位牌の数、仏壇の設置場所によって異なります。

 

設置場所とは、1階なのかもっと上の階なのかということになります。
そのへんは、お店に見積もりをもらっておくとよいでしょう。

 

失敗しない仏壇の処分方法記事一覧

仏壇の処分費用

みなさんは、仏壇の処分費用についてご検討したことはありますか。いろいろな儀式やしきたりがありますよね。もちろん、処分にはそれなりの費用がかかります。仏壇の処分にかかる費用は、仏壇の大きさによって異なります。仏壇の高さが100センチ未満の場合は、2万円~3万円程度です。これ以降は、一般的には20センチ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク