位牌を処分するときの注意点,白木位牌,本位牌,お焚き上げについて

位牌を処分するときの注意点

スポンサードリンク

位牌は魂が宿った物です。
仮位牌であれば時期が来れば、本位牌も買い換え等のタイミングで処分をする場合が有ります。
位牌を処分する時は、きちんと処分をして下さい。

 

白木位牌は、仮位牌であり49日後には本位牌の準備をする事となります。
49日を終えた後の白木位牌には魂が入っていないので処分をしなければいけないのです。

 

処分方法として一番多いのが、お寺でのお炊き上げです。
僧侶に頼めば白木位牌のお炊き上げを行ってくれるでしょう。

 

場合によってはお炊き上げを行ってくれない場合もあります。
その時は仏具店に相談をして見ましょう。
仏具店でもお炊き上げを行ってくれる場合が有ります。

 

本位牌は、仮位牌とは違い全ての方が処分すると言う物では有りません。
位牌を買い替える場合や引っ越す場合、古い位牌を整理する時等は本位牌の処分となるでしょう。

 

もし本位牌を処分する場合は、魂抜きをお願いしましょう。
僧侶に頼めば魂抜きをやってくれるかも知れません。

 

魂抜きとは言葉の通り魂が宿った仏具や仏壇から魂を抜く事です。
魂抜きには宗派によっていろいろな違いが有りますし、お布施として渡す金額も相場があります。
事前に調べるもしくはお寺の方と相談をして決めて下さい。

 

お寺の方に頼めない場合は、仏壇店にお炊き上げをお願いしましょう。
お寺によっては魂抜きではなくお炊き上げなら行ってくれる場合もあります。

 

お炊き上げとは、きちんとした場で御位牌を燃やす事により魂を浄化させる事です。
炊き上げて供養する事により天に還す事が出来、魂抜きの役割を果たしてくれます。

 

この様に、御位牌を処分する場合はきちんとした方法で処分をしなければいけません。
決してごみ袋に入れて捨てないようにしましょう。

スポンサードリンク