位牌の戒名,俗名,享年,仏弟子,大姉について

位牌の戒名について

スポンサードリンク

仏壇や御位牌には戒名を付けます。
戒名とは、何故つけるのでしょうか。
そもそも戒名とは何の事なのでしょうか。

 

戒名は、仏弟子になった証の名前の事を言います。
もともと仏教信仰からきたものであり、亡くなった時に使う名前でもあります。

 

もともと僧侶が出家をする時に戒名が付けられます。
僧侶でなくても無くなった後は仏弟子となり出家をするので戒名を名づけるのです。

 

戒名は、どのような名前が付けられるか予め決まっています。
例えば大人の男性であれば、最後に信士や居士、大居士が付くでしょう。
大人の女性であれば最後に信女、大姉、清大姉等が付くのです。

 

最初に道号が付き、次に本来の戒名が付き、最後に大姉等が付けられます。

 

子供の戒名の場合は大人とは違った文字が付けられます。
1歳までの子供の場合は嬰子、嬰女が2歳から4歳までの子供の場合は孩子、孩女が、15歳までの子供の場合は童子、童女が最後に付けられるのです。

 

著名人の中には戒名が好評されている人たちもいます。
戒名とは決して隠す物では有りませんし、徳の高い人であれば長く立派な戒名を貰えるという説もあるのです。

 

例えば、新撰組局長でもあった近藤勇は貫天院殿純義誠忠大居士という戒名を授かっています。
夏目漱石は文献院古道漱石居士、福沢諭吉は大観院独立自尊居士等、その人の生き様にあった素晴らしい戒名を授かっています。

 

石原裕次郎は陽光院天真寛裕大居士、美空ひばりは茲唱院美空日和清大姉、夏目雅子は芳蓮院妙優日雅大姉となっています。
この様に人にあった戒名を授けられるのでしょう。

 

基本的には亡くなった時に付ける戒名ですが、僧侶は元より戒名を頂いている場合が殆どであり、生前に戒名を付けてもらう人もいます。

スポンサードリンク