お仏壇の向き・方角、飾り方,阿閃如来,阿弥陀如来,宝生如来について

お仏壇の向き・方角について

スポンサードリンク

仏壇というは、なんだかいろいろな決まりごとがありそうですよね。
東西南北という向きにも、当然決まりがあるように思いますね。
実際はどうなのか、簡単にご紹介します。

 

仏壇の置く向きは、実は特別な決まりはありません。
そもそも仏様は十方といってどの方角にも存在します。
具体的には、東には阿閃如来、西には阿弥陀如来、南には宝生如来、
北には不空成就如来がいます。
従って、仏壇もどの方角に安置しても構いません。
ただ、昔からの諸説はありますので、いくつかご紹介してみます。

 

・南面北座説
 仏壇を南に向けます。
従って、背は北になります。
この向きでは仏壇に直射日光があたらず風通しがよいので、家の中にあっては最適な場所だからです。
家では仏壇の安置場所を最優先とした考え方です。

 

・本山中心説
 仏壇の前に座って拝んだとき、
その拝んだ先に宗派の総本山がくるように仏壇を置く説です。
本山を最優先とした考え方です。

 

・西方浄土説
 極楽浄土の西方に向かって拝めるように、仏壇を東向きに安置する説です。
極楽浄土とは、苦しみのない仏様だけの世界といった意味になります。

 

 ただ、宗派によって多少の考え方があるようです。
禅宗や法華宗は、仏壇は南向きがいいとされています。
これは、お釈迦様は南向きに座られ説法されたとしているからです。

 

浄土宗、浄土真宗、真宗では、西方浄土説をとっています。
ちなみに、禅宗とは坐禅を中心とした宗派であり、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗があります。

 

この他に、家相という考え方もあるようです。
家相では、仏壇の置き場所が北、向きが南という安置が大吉になるそうです。
逆に、北東と南西に安置するのは、好ましくないそうです。
また、仏壇の置き場所が東南、向きが北西という安置は小吉になるそうです。

 

スポンサードリンク