位牌の種類と由来,黒塗り,唐木,白木,三方金,面金,総金について

位牌の種類と由来について

スポンサードリンク

仏壇と共に飾るのが御位牌です。
御位牌には意外に様々な種類があり、きちんとした起源もあります。
そんな御位牌について説明をしていきます。

 

御位牌は大きく分けて板位牌と繰出位牌に分ける事が出来ます。

 

板位牌は、ここから更に塗り位牌と唐木位牌、そして白木位牌の3種類に分ける事が出来ます。
塗り位牌はとても豪華な色合いをしており金箔や漆が施されております。
唐木位牌は黒壇や紫壇などで作られたもので、白木位牌は名前の通り白木地で作られた位牌となっています。

 

お葬式の時に主に用意されるのが白木位牌です。
白木位牌は49日までに飾られる右派いとなっています。
あくまで仮の位牌であり、49日を過ぎると本位牌である塗り位牌もしくは唐木位牌に作り替えられるのです。

 

繰出位牌は、屋根を扉がついた形の位牌となっています。
中には薄木の板が入っており、ここに戒名や法名を記載するのです。
49日後、白木位牌の後に板位牌を立て、その後繰出位牌に移行するのが普通となっています。

 

人や地域によっては、49日が終わるとすぐに繰出位牌に書き写す場合もあります。
繰出位牌をいつ使うかどうかはとても差が有るのです。

 

塗り位牌には金箔を施す事となっています。
金箔の位置により、三方金、面金、総金の3種類に分ける事が出来ます。
三方金は、台座の全面や側面、面金は台座の札の面取り部位、総金は台座や札全ての部分を金箔で覆う形のことを言います。

 

位牌の起源はさまざまな説が有ります。
一番有力だと言われれているのが、中国からの節となっています。

 

元々死者の霊の居場所として、姓名等を札板に記載するという風習が有りますが。
これが日本にわたり、仏教に使われるようになってからさまざまな文化と入交位牌という形で残ったのでしょう。

 

位牌はとても歴史の長い物なのです。

スポンサードリンク