仏壇のお花を造花にする事,飾り方,お供えについて

仏壇のお花を造花にする事について

スポンサードリンク

仏壇に花を添えることは多いでしょう。
では、どんな花を添えるべきなのでしょうか。
また、造花は添えても良いのでしょうか。

 

実は、仏壇に添える花に特にルールはありません。
生花でも良いですし、もちろん造花でも大丈夫です。
花の種類も特に関係がありません。

 

昔は生花をお供えする家庭が多かったといわれています。
しかし最近は、コストパフォーマンスも良く気軽に備えることが出来る造花が増えています。

 

仏壇に供える場合は個人の好きだった花が一番良いでしょう。
気持のこもった花であれば、特に問題はないのです。

 

しかし、いくつか決まりがあります。
まず、とげや毒気のない花をお供えしましょう。
人様にお供えするお花なので、危険の少ない花が良いのでしょう。
次に、花瓶とろうそくたての数を対にすることです。

 

また、香りが強すぎる花もやめましょう。
適度な香りは心地良さを感じますが、強すぎる香りは邪魔になってしまいます。
出来れば生花が好まれる、という意見もありますし、一番良いのは新鮮な花ですが造花でも大丈夫です。

 

花を添える場合は正面を向くように添えます。
花で飾られた本尊に対面することが、一番の大切です。
また、花が枯れてしまった場合はおまいりする人の心が清らかになるように、新鮮な花を飾るようにしましょう。

 

常に新鮮な状態にするのは難しいですが、出来る限り鮮度を保った方が好ましいです。
花は左右対称になるように飾ってください。

 

もちろん、花以外にも飾らなければいけないものがあります。
仏壇には花と一緒に線香をお供えする必要があります。
香は仏教でとても重要なものなので、お参りするときには必ず添えて下さい。

 

他にもろうそくやお水かお茶、ご飯、お菓子や果物などをお供えして下さい。

スポンサードリンク