お仏壇の配置と並べ方飾り方,掛軸,ご先祖について

お仏壇の配置と並べ方について

スポンサードリンク

みなさんの家には仏壇はありますか?
最近は少なくなってきましたが昔の家はかなりの割合でありますね。
ここでは仏壇の飾り方の基礎知識について簡単に述べてみます。

 

みなさんは仏壇に手を合わせたことはありますか。
おそらく、多くの方が経験ありと思います。
ところで、その仏壇ですがいろいろなものが置いてありますよね。
その飾り方は、みなさんはご存知でしょうか

 

仏壇と言えば仏教ですが、仏教には様々な宗派が存在しています。
曹洞宗、天台宗、臨済宗、浄土宗などですね。
実は仏壇の飾り方は、宗派によって違いがありましたが、近年は宗派を超えた新しい飾り方になってきています。
仏具とともに基本的な飾り方を見てみましょう。

 

 まずは仏壇の中心であるご本尊、御掛軸です。
これは、最上段の中央にご本尊、左右に掛軸をかけます。
ご本尊の姿と置き方は、宗派によって異なります。

 

次に位牌です。
位牌は、亡くなられた方の象徴となるもので、通常は四十九日までに作成します。
右側の掛軸の前に置きます。

 

お供えのご飯を盛る仏飯器は、ご本尊に向かって右側のすぐ下に置きます。
お供えの茶や水を入れるための茶湯器は、ご本尊に向かって左側のすぐ下に置きます。
お菓子や果物などを盛るための高月は、仏飯器の右側に置きます。

 

また茶湯器の左側には、花を供えるための花立を置きます。
なお、仏飯器と茶湯器は、仏器膳と呼ばれる少し高さのある台の上に置きます。

 

さらに、その下にマッチ消、香炉、火立、リンを置きます。
香炉は、香を焚くためのものです。
火立は、ろうそくを立てるための台となるものです。
リンは、仏様を呼ぶための道具です。
リン棒でリンをたたき、鐘の音を鳴らします。

 

仏壇は、ご先祖様への感謝と今を生きているご家族との絆になります。
せひ、大切にしていきましょう。

スポンサードリンク