唐木仏壇の種類,ケヤキ,国産銘木,黒壇,紫壇について

唐木仏壇について

スポンサードリンク

仏壇には、実はいくつかの種類があります。
種類によって雰囲気も味わいも違うので自分の自宅にあった仏壇を選びましょう。
唐木仏壇はどんな仏壇なのでしょうか。

 

唐木仏壇は、かんたんに言うと黒壇や紫壇など輸入した木で作られた仏壇のことをいいます。
しかし、中にはケヤキや桑の木など、国産の木で作った仏壇も唐木仏壇と呼ぶことがあります。
他にも、白木に塗装をしたり木目を印刷したシートを張った場合も唐木仏壇と呼ばれることもあるでしょう。

 

実は唐木仏壇はとても幅が広く、明確な決まりはありません。

 

唐木仏壇の特徴は、美しい木目を生かした落ち着いたデザインで、
重厚な雰囲気を醸し出しているところです。
江戸時代から100年以上もの歴史を持った仏壇の種類であり、さまざまな材料や工法で
つくられています。
そのため、唐木仏壇といっても値段の幅が広く、比較的購入しやすい唐木仏壇もあれば
工法も材料もこだわって作られた高価な唐木仏壇もあります。

 

仏壇は宗教によって大きな差がありますが、唐木仏壇には特に宗教やよっての違いはありません。
そのため、どんな宗教の人でも唐木仏壇を使うことが出来るでしょう。

 

また、唐木仏壇は静岡県と徳島県で主に生産されています。
最近は海外から輸入されることも多く、輸入した唐木仏壇は中国やインドネシアから運ばれてくることが多いのではないでしょうか。

 

日本国内で有名な唐木仏壇は東京唐木仏壇と大阪唐木仏壇です。
東京や埼玉で生産されている唐木仏壇は、東京唐木仏壇と呼ばれています。
桑やケヤキなど、国産の木々を使い黒壇や紫壇などを材料に作っています。
あっさりとした上品なデザインが特徴的です。

 

大阪府で製造されている大阪唐木仏壇は、仏壇内部が三方金となっていて両脇に金紙が硝子板で保護されています。
大阪の伝統的な唐木仏壇といってよいでしょう。

スポンサードリンク