仏壇の掃除の仕方,方法,祭壇,礼拝,修行について

仏壇の掃除の仕方について

スポンサードリンク

御仏壇は定期的な掃除が必要となります。
自宅に置いたままの状態ではほこりが溜ったり汚れが付着してしまいますよね。
仏壇には金箔や彫など繊細な作りとなっているので丁寧にお手入れをする様にしましょう。

 

お手入れをする時に一番大切な事は、出来るだけ汚さずにお手入れをする事です。
掃除をする時は手袋を付けて掃除をしましょう。
白い手袋だとよりお掃除に向いています。

 

線香の灰を片付ける場合は、溢さないように注意をして下さい。
線香の灰はとても軽いので些細な風ですぐに飛んでしまいます。

 

仏壇の掃除は定期的に行う事をお奨めします。
出来れば半月に一度くらいは掃除をするようにしましょう。
定期的に行う事で、一回の掃除も簡単に終わるのです。

 

まず、お掃除をする前に大切な事が有ります。
仏教に有る言葉「一拭き二拭き三勤行」です。
掃除をするのは修行のひとつなので、礼拝をしてから掃除をするようにしましょう。

 

御本尊や位牌等は、毛ばたきで静かにほこりを払う程度にして下さい。
軽くほこりを払う程度で良いのです。

 

仏壇の金箔部分は毛筆で汚れを払って下さい。
手袋を掃除して直接触らないように汚れている部分の汚れを落とします。

 

金メッキになっている金具部分はとてもはがれやすいものです。
その為表面を傷つけないように丁寧に丁寧に拭きましょう。

 

漆部分は湿気や湿度に敏感な物です。その為水が出来るだけ触れないように気を付けましょう。
普段であれば乾いたガーゼで拭く程度で大丈夫です。

 

もし汚れが酷い場合は固く水を絞った布で拭いてからすぐに乾いた布でふきましょう。
絶対に洗剤などは使用しないで下さい。

 

もし、御仏壇が本当に古くなった時は修理や洗濯に出しましょう。
御仏壇の無料メンテナンス寸断を行っている業者もあります。

スポンサードリンク