一般的な仏壇のサイズ大きさ,仏間,自宅,金仏壇,唐木仏壇について

一般的な仏壇のサイズについて

スポンサードリンク

仏壇にはさまざまなサイズがあります。
仏間によって選べるサイズは異なりますが、
一般的な仏壇のサイズはどのくらいなのでしょうか。

 

仏壇は仏間に置く人が多いでしょう。
仏壇は、自宅の仏間の大きさに合わせて
選ぶものです。
一般的に多い仏間は3尺仏間といわれています。

 

3尺仏間にぴったりのサイズは、30代の外幅55㎝程の
ものから50代の外幅66㎝程のものです。
これくらいが仏壇の平均といっても良いでしょう。

 

しかし、自宅によっては広い仏間もあります。
特に昔ながらの家は広く仏間を取っている場合も多いでしょう。
4尺の場合は、70代で72㎝、5尺の場合は100代で80㎝、6尺の場合は150代で92㎝と仏間のサイズにあわせた仏壇を選ぶことができます。

 

また、これは金仏壇の大きさであり、金仏壇は代で大きさを分けますが
仏壇の種類によって呼び名も違います。
たとえば、唐木仏壇は仏壇の大きさを号で表しています。
3尺仏壇にピッタリのサイズは15号から22号のサイズでしょう。

 

唐木仏壇はサイズが細かくわかれています。
15号は50cm、16号は53㎝、18号は60㎝となっています。もちろんそれ以上の号は更に大きな仏間用となっています。
仏壇を購入する時は、まずは自宅の仏間に合ったサイズを選んでください。

 

仏間が小さい、もしくは仏間がないという家庭も増えています。
そんな家庭には、ミニサイズの仏壇をおすすめします。
ミニサイズの仏壇は小さいので、タンスやちょっとしたスペースに置くことが出来るでしょう。

 

また、リビングに最適なお洒落な仏壇も増えています。
椅子が付いている場合も多いので、リビングにも配置しやすいでしょう。

 

この様に、平均サイズと自宅の大きさを考えて仏壇を選んでください。

スポンサードリンク