お仏壇の飾り方・祀り方・選び方の基本知識

スポンサードリンク

お仏壇の飾り方・祀り方の基本知識

仏教には様々な宗派があることはみんさんご存知だと思います。
ご家庭の仏壇は、宗派によって祀り方が少し異なります。
ここではご本尊様の祀り方を宗派ごとにみてみましょう。

 

天台宗のご本尊は、基本的には釈迦如来です。
向かって右側には高祖天台大師を、左側には伝教大師最澄の影像を祀ります。
なお、ご本尊は阿弥陀如来であることも多いようです。

仏壇,飾り方

 

真言宗は、分派が多く地域による違いもあるので祀り方は様々です。
一例としては、中央に大日如来、向かって右側には弘法大師、
左側には不動明を祀ることがあげられます。

 

浄土宗は、中央に阿弥陀如来を置きます。
向かって右側に観世音菩薩、左側に勢至菩薩を祀ります。

 

さらに、観世音菩薩の隣に善導大師、姿勢菩薩の隣には宗祖円光大師法然を祀ります。
なお、仏壇の大きさによっては、観世音菩薩、勢至菩薩が省略されることもあります。

 

浄土宗は、中央に阿弥陀如来の像を祀りますが、
最近では木像を祀ることも多いようです。
向かって右側に「帰命尽十方無碍光如来」の十字名号を飾ります。

 

左側に「南無不可思議光如来」の九字名号を飾ります。
さらに、右側に親鸞聖人、左側に蓮如上人の絵像を掛ける場合もあります。
また、基本的に位牌はおきません。

 

臨済宗は、中央に釈迦牟尼仏を祀ることが多いです。
ただし、かなり多くの分派があり、それ以外には一概にいうことはできません。
例えば、妙心派寺派の場合は、向かって右側に無相大師の絵像を、
左側には花園法皇の絵像を飾ることが多いようです。

 

曹洞宗は、中央に釈迦牟尼仏を祀ります。
向かって右側には、高祖承陽大師道元禅師を、
左側には太祖常済大師瑩山禅師を配します。

 

いわゆる「一仏両祖」の三尊仏形式として祀ります。
また、一仏両祖を一本とした三尊仏の掛け軸の場合もあります。

 

なお、右側に達磨大師を、左側に道元禅師と瑩山禅師を祀る場合もあります。

スポンサードリンク